読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

igawa's Blog

おもに読書と本に関するブログですが、Mac/iPhone、数学、音楽の話題など例外の方が多いかもしれません。

運転免許証番号に関するちょっとした話

私が車の運転免許を取ったのは、1985年8月22日ですので、ちょうど30年になります。残念ながら無事故無違反ではなく、この30年間で一事故無違反です。 ところで、しょうもない話ですが、私は12桁の免許証番号を覚えています。番号を使う機会はなく無意味なの…

急成長する読書市場(「Chikirinの日記」より)

社会派ブロガーちきりんさんの「急成長する読書市場」というブログ記事を読みました。 急成長する読書市場 出版不況と言われているのに、どういうことなのでしょう? なかなか勉強になります。 ということで、今日は短くこのへんで。 ではまた… 自分のアタマ…

20年という時間感覚の時代ギャップに驚き

8/16の新聞に脳科学者の池谷裕二さんが書いていた記事をみて、今まで思いもよらなかったことに気づきました。 私は終戦25年後に生まれた。意外なことに今の若者からみると「わずか終戦25年後」、どうやらわたしの年齢は「陰暗たる昭和の戦後生まれ」と錯覚す…

後藤武士『読むだけですっきりわかる日本史』

高校時代に日本史・世界史を選択せず地理を勉強したので、歴史に関してはかなりコンプレックスがあります。 ということで、長い間積ん読にしていた『読むだけですっきりわかる日本史』を読みました。 読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫) 作者: 後…

日経おとなのOFF 2015年8月号『人生に効く「哲学」』

コンビニで見かけた雑誌「日経おとなのOFF」の特集が『人生に効く「哲学」〜あと30年を生き抜く思考と実践〜』でしたので、この歳になっても悩める私は思わず買ってしまいました。 記事の構成としては、「古今東西25人の哲学者に生き方相談」という思考篇と…

ちょっとひらがなに直すだけで、文章はこんなにプロっぽくなる

先日「The Huffington Post」というサイトで、標記タイトルの記事を読みました。私もだいたい同じ考えで文章を書いていますので、安心しました。 ちょっとひらがなに直すだけで、文章はこんなにプロっぽくなる 多くの人は、普通に読める言葉(漢字)をひらが…

後出しジャンケンには気をつけよう。

新しい働き方に関するエントリーを以前書きましたが、「新しい働き方」という概念に対して何となく腑に落ちないというかモヤモヤ感がありました。 (働き方について考えるときに参考になる10冊の本 - 読書のランダムウォーカー) しかしながら先日、東大の中…

半世紀も誤用していた「ひあさって」と「のぞ」

読売新聞のコラム「編集手帳」(2015.5.27)に、こんな文章がありました。 あす。あさって。その翌日を生まれてこのかた、「ひあさって」と信じ、そう発音してきた。つい先日、ある人に間違いを指摘され、国語辞典を何種類も引っ張り出して愕然とした。どれ…

ふるさと納税に関する自粛要請ニュースで驚いたこと。

「ふるさと納税」はご存知でしょうか? 実質2000円の負担(1年間あたり)だけで、全国の高級な特産品を入手できる制度です。これはちょっと誤解を招く表現ですので、正確に言いますと、自治体に寄付を行うことで、寄付した額から2千円を引いた金額が所得税・…

中島義道『人生に生きる価値はない』

中学・高校の頃、親からよく「おまえは変わり者だから困る」と言われていました。就職した頃以降は普通になったと思いますが、確かに昔は、近所付き合い、友達との接し方など、親の立場から見たら変だったのかもしれません。そういう自覚は多少あります。 し…

昔のクラス名簿はかなり凄かった。

昨日は、小・中学校の始業式でした。 始業式の日に、昔はクラス名簿が配られていましたが、例の個人情報保護の関係で近年は名簿の類いは作成されていないようです。同じクラスにどんな友達がいるのか、さっぱり分かりません。 緊急時は、役員からの電話や一…

期日前投票は「きじつまえ」か「きじつぜん」か?

先日ある電車内で、4月12日の選挙に関する放送のなかで、「当日御用のある方は、キジツゼン投票も可能です」という言葉を耳にしました。 一瞬あれっと思いましたが、文脈から期日前投票のことだとはすぐ分かります。 しかし、これまでずっと「きじつまえ」だ…

成毛眞の新読書スタイル(哲学者岸見一郎さんとの対談)

日曜日は頭痛のため一日寝ていましたので、少し遅れての投稿です。 ノンフィクションの書評サイト「HONZ」代表の成毛眞さんが話題の本の著者と対談するコーナー「成毛眞の新読書スタイル」が新聞にありましたので、体力がない今日は簡単にそのメモ書きです。…

開高健『輝ける闇』

とても面白い小説や感動的な小説にはときどき遭遇しますが、作品自体に圧倒されてしまうという小説は滅多にありません。今回読んだ開高健の『輝ける闇』は、まさにそういった作品でした。 輝ける闇 (新潮文庫) 作者: 開高健 出版社/メーカー: 新潮社 発売日:…

江戸川乱歩とエドガー・アラン・ポー

『怪人二十面相』で有名な江戸川乱歩は今年没後50周年を迎えます。 江戸川乱歩の名はアメリカの作家エドガー・アラン・ポーをもじったものだと、中学時代にお世話になった国語の先生から教わりました。 ちょっと調べてみたところ、エドガー・アラン・ポーの…

金谷武洋『日本語に主語はいらない』(その1)

昨年、『日本語に主語はいらない』(金谷武洋著)という本についてのエントリーを書きました。 金谷武洋『日本語に主語はいらない』(その0) - igawa's Blog なかなか刺激的な話なので、本の内容をまとめるためにも、章ごとにブログに書いていこうと考えて…

海外での日本理解を深めるため、国の予算で100冊を英訳出版

今日の新聞記事で知りました。 政府は、海外での日本理解を深めるため、商業ベースでは翻訳されにくい日本語の書籍を英訳出版し、米欧の大学や図書館に寄贈する事業に乗り出す。(読売新聞2015.3.18朝刊2面) 民間の出版社による英訳出版は採算が取れないの…

ベトナム戦争を知らないと損をする。

いま、ベトナム戦争を題材にした開高健の小説『輝ける闇』を読んでいます。 数十ページ読み進めたあたりで、文章の中に「ベトコン」とか「政府軍」とか登場してきて、「これはまずい・・・」と思い始めました。 その意味合いがよく分かっていないからです。 …

池波正太郎『西郷隆盛』

My幕末読書シリーズ第2弾として、池波正太郎の『西郷隆盛』(角川文庫)を読みました。 西郷隆盛 (角川文庫) 作者: 池波正太郎,蓬田やすひろ 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2006/03/25 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 31回 この商品を含むブログ (…

初めて被告になった件、これから増えそうな事例なので参考までに。

昨年、裁判の被告になり判決を言い渡される、という初体験をしました。といっても、郵便物が2回届いただけですが。 両親が他界している場合は起こりうる裁判ですから、どなたかの参考になるかと思いますので、経緯を残しておくことにします。 --- 平成26年8…

蟄虫啓戸

★写真と本文は関係ありません。 今年3月6日は「啓蟄(けいちつ)」。「立春」「雨水」に続く二十四節気の3番目です。 地中で冬ごもりをしていた虫たちが、暖かさに土を啓(ひら)き、地上へ這い出してくる頃。昔は蛇や蛙など、さまざまな生き物を「虫」とい…

TPPと著作権と江戸川乱歩

前回のエントリーを書いていて、江戸川乱歩が今年没後50年ということは、本やKindle版を購入しなくても、著作権の保護が消滅するので近いうちに青空文庫入りするのではないかと気がつきました。 「青空文庫」とは、「日本国内において著作権が消滅した文学作…

「建国記念の日」になぜ「の」が必要なのか?

今日(2月11日)は「建国記念の日」です。この記事を読むまで、「建国記念日」だと思っていました。 2月11日「建国記念の日」になぜ「の」が必要なのか - エキサイトニュース(1/2) ところで、日本の場合「いつの何をもって建国というのか?」ご存知でしょう…

日本語ブームなんでしょうか?

先週、国語(日本語)に関するエントリーを書いたばかりでしたが、たまたま今日、新聞の広告欄に、日本・日本語関係の二冊の本(ムック?)の広告を見つけました。 日本語ブームなのでしょうか? しかし、「日本語ブーム」というキーワードでググってみても…

明日が立春なので「二十四節気」と「七十二候」について

今日は節分で、明日が立春。今回はこの辺の話題です。 「東風解凍」って、何のことか分かりますか?これは、「七十二候」の一つで「はるかぜこおりをとく」と読みます。これでは何のことか分からないでしょうから、厳密性には欠けますが、分かりやすさを優先…

童門冬二『高杉晋作』〜吉田松陰の志を継いだ稀代の風雲児〜

大河ドラマ「花燃ゆ」の頃の時代を知るために読んだ、My幕末読書シリーズ第1弾です。 高杉晋作を描いた本はたくさんありましたが、昔読んだ童門冬二の『上杉鷹山』が面白かったこと、2014年11月にPHP文庫版で出たばかりだったこと、一冊で読めること等から、…

外山滋比古『国語は好きですか』

高校時代、国語が嫌いでした。かなりの苦手科目で、共通一次(現在のセンター試験)受験の足手まといだったからです。それが理由で理系に進んだようなものです。 また、英語は比較的得意だったことや、「日本語はあいまいで特殊な言語」といった俗説もあり、…

「妖怪」とは何か?

「妖怪ウォッチ」が子供たちに大人気のようですね。 昨年は「地獄先生ぬ~べ~」というドラマもあったようで、一定の周期ごとに妖怪ブームがやってくるのだそうです。 辞書で「妖怪」を調べてみると、こう書いてあります。 日常の経験や理解を超えた不思議な…

読売新聞社説「格差拡大は資本主義の宿命か」

昨日(1/25)のエントリーで、トマ・ピケティ著『21世紀の資本』に関する話題を書いたばかりですが、1/26の朝刊でも社説に取り上げられていました。 社説の内容はどこかで読んだような意見でしたので、そんなに目新しいものではなく、まあそうかなという感じ…

トマ・ピケティ『21世紀の資本』に関するミニ知識

最近、新聞・雑誌・ネット上で、フランスの経済学者トマ・ピケティの『21世紀の資本』という本がよく取り上げられています。世界的にかなりのベストセラーのようです。書店で見かけましたが、相当分厚いし経済の本ですので、読んでみたいとは思いません。で…

ペリーと吉田松陰

浦賀へのペリー来航、萩の松下村塾。 その程度の言葉だけであれば、歴史に詳しくない私も幕末のキーワードとして知っています。 関係なさそうなこの二つですが、昨日の大河ドラマ「花燃ゆ」を観るまで、吉田松陰がペリー再航のとき黒船に乗り込もうとしてい…

プレジデント 2015.1.12号「仕事に役立つ歴史の知恵」

御用納めの12/26日の夜、飲み会の帰りに立ち寄ったコンビニで買った雑誌です。 歴史に疎いというコンプレックスがあるものですから、「仕事に役立つ歴史の知恵」というテーマを見て、勢いで買ってしまいました。 家に帰って、特集の中身を見ると、 池上彰「…

「クリスマス」と「イブ」の謎が解けた。

たまたまWikipediaで「クリスマス」を見ていたら、長年疑問に思っていたことがあっさり解決してしまいました。 家族で夜のクリスマスパーティとかする場合、24日なのか25日なのかという疑問です。まあ日本人ですし、何となくイベント的に楽しめればいいので…

今日は「天皇誕生日」

今日は、クリスマスイブイブです。この言葉、まさかちゃんとした辞書に載ってるとは思いませんでした。 「クリスマスイブイブ」若者語で,クリスマスの前々日(夜)のこと。12月23日(の晩)。(「大辞林」より) クリスマスは、日本でも年中行事として定着…

NHK大河ドラマは「軍師官兵衛」から「花燃ゆ」へ

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に仕えた黒田官兵衛の生涯を描いた大河ドラマも、ついに本日の最終回「乱世ここに終わる」をもって終わりました。 関ヶ原の戦いは、日本史の中では重要な位置づけなので勘違いしていましたが、黒田長政の貢献もあり、わずか1日…

完全に民主的な投票方式は存在しない(高橋昌一郎『理性の限界』)

本日は、衆議院議員総選挙でした。どの局も選挙速報ですので、NHK教育「クラシック音楽館」でシューベルトのシンフォニーを聴きながら書いています。 選挙にちなんで面白い話の書いてある本を思い出したので、今回はほとんどその本から引用です。どんな投票…

2014年「今年の漢字」は「税」

今や国民的行事となった感のある「今年の漢字」、2014年は「税」に決まったようですが、「今年の漢字」にまつわる話を調べてみました。 発表が行われる12月12日は、「漢字の日」である。 実は、このイベントは、日本漢字能力検定協会のキャンペーンである。 …

藤井聡『プラグマティズムの作法』〜閉塞感を打ち破る思考の習慣〜

今年初め頃に読んで非常に参考になった『プラグマティズムの作法』を再読しました。 プラグマティズムの作法 ~閉塞感を打ち破る思考の習慣 (生きる技術! 叢書) 作者: 藤井聡 出版社/メーカー: 技術評論社 発売日: 2012/04/18 メディア: 単行本(ソフトカバー…

株・投資を始める人にオススメの本

年金制度が確定給付型から確定拠出型へ移行になった会社も多いと思います。 確定拠出型年金とは、確定した掛金を納め(拠出)、その資金を自己の責任で運用し、その結果の損益に応じて受け取る年金額が決まる年金のことです。つまり、決まった年金額を受け取…

文化の日は、明治天皇の誕生日

昭和23年(1948年)7月20日に公布された祝日法により、11月3日は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」という趣旨のもと、祝日「文化の日」が制定されています。 実は知らなかったのですが、11月3日は明治天皇の誕生日で、戦前は「明治節」と呼ばれていたそ…

ひすいこたろう&白駒妃登美『人生に悩んだら「日本史」に聞こう』

福岡在住の歴女 白駒妃登美さんと、ベストセラー『名言セラピー』シリーズの著者でコピーライターのひすいこたろうさんがコラボした『人生に悩んだら「日本史」に聞こう』を読みました。 先日紹介した『日本はこうして世界から信頼される国となった』を注文…

閏(うるう)月について、勉強しました。

旧暦でいうと、今日は九月三十日。 しかし、明日は旧暦十月一日ではなく、閏(うるう)九月一日となるんだそうです。まるまる1か月が挿入される「うるう月」というものがあるとは知りませんでした。(聞いたことはあったかもしれませんけど、スルーしていた…

金谷武洋『日本語に主語はいらない』(その0)

先日書いた「象は鼻が長い」という文の主語に関するエントリーで紹介していた『日本語に主語はいらない』を読みました。再読です。 日本語に主語はいらない (講談社選書メチエ) 作者: 金谷武洋 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2002/01/10 メディア: 単行本…

犬は地磁気の影響で南北方向を向いて用を足すらしい。

青色LEDを開発した日本の3氏が、2014年のノーベル物理学賞に決まりました。おめでとうございます。 ところで、ノーベル賞で思い出しましたが、先月発表された「イグ・ノーベル賞」をご存知でしょうか? 今年も、バナナの皮が滑りやすいことを、実際に摩擦係…

10月1日は「コーヒーの日」そのほか多数

2014年度も下半期に入りました。 今日の新聞を見て知ったのですが、10月1日は「コーヒーの日」だそうです。平均すると 1日3〜4杯は飲むコーヒー党ではありますが、記念日までは知りませんでした。 iPhoneアプリ「日めくり」で確認してみると、10月1日は「コ…

「秋分」とは何か

9月23日は「秋分の日」です。(9/23でない年もあります) ところで、「秋分」とは何なのでしょうか。なんとなく、昼と夜の長さが等しくなる(秋の)日のこと、ぐらいにしか思っていませんでした。 「秋分」とは 大辞林では、こう説明されています。 二十四節…

来年(2015年)の9月は、6年ぶりに5連休がやってきます。

ハッピーマンデー制度により、2003年から敬老の日が「9月15日」から「9月の第3月曜日」に変わりました。 来年2015年の第3月曜日(敬老の日)は9月21日ですので、秋分の日(来年は9月23日)の前々日です。ということは、その間にはさまれる平日の9月24日(火…

「二十四節気」と「七十二候」

前々回(中秋の名月)、前回(重陽の節句)に続いて、季節の話題です。 「二十四節気」と「七十二候」はご存知でしょうか? 日本には美しい四季があります。春・夏・秋・冬、折々の豊かな表情は日々の生活に彩りを与え、日本人は昔から季節感を大切にして暮…

9月9日は 重陽の節句

前回(中秋の名月)に続いて、季節の話題です。 photo by Ken Schwarz 江戸時代に祝日として定められた、年中行事を行う季節の節目が「五節句」で、1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日がそれにあたります。 明治に入って制度は廃止されていますが、最後…

中秋の名月

今年は 9月8日が「中秋の名月」で、福岡では雲にさえぎられずお月見ができたようです。 photo by Th.Papathanasiou iPhoneアプリ「くらしのこよみ」には、こう記載されています。 旧暦八月十五日(新暦では九月なかば頃)は、秋の半ばの満月にあたり、この日…