igawa's Blog

おもに読書と本に関するブログですが、Mac/iPhone、数学、音楽の話題など例外の方が多いかもしれません。

ブログをいったん休止します。

突然ですが、昨年(2014年)の元旦から毎日続けてきたこのブログは、思うところあって当面のあいだ休止することにしました。 いつか再開するかもしれませんので、ブログ自体はそのまま残しておきます。(ブログタイトルは元に戻しました) これまで読んでい…

『ガリバー旅行記』を読んでいますが、これは面白い!

夏休みのマイ課題図書としていた『ガリバー旅行記』を読んでいます。 この本は実は、子供向けの冒険物語などではなく、旅行記の形を借りたイギリス社会の風刺小説です。 ガリバー旅行記 (角川文庫) 作者: ジョナサン・スウィフト,山田蘭 出版社/メーカー: KA…

エスカレーターは二列乗車が一般的になってきた?

福岡ではあまり感じていなかったのですが、先日訪問した名古屋では、駅ビルや百貨店のエスカレーターで、「歩いてはいけません」とか「二列でお乗りください」というような注意書きや放送が目立ちました。 左側に立って右側をあけておくという基本スタンスは…

東野圭吾『天空の蜂』を読んでいます。

ミステリーはめったに読まなくなりましたが、本屋で見かけて久しぶりに手に取りました。 東野圭吾が20年前に発表した『天空の蜂』です。ジャンルは、ミステリーというよりサスペンスになります。 今週末(9/12)に映画が公開されるらしいので、知ったかぶり…

名古屋のコメダ珈琲に入って意外だったこと

先日一泊二日で名古屋に行く機会があったので、発祥の地でコメダ珈琲を2回ほど利用しました。 初日は訪問先の近くの店舗。カウンター席に通されたのですが、座ってみてびっくり。隣の人がタバコを吸われていたのです。なんと禁煙席のないお店でした。 一度だ…

Amazonプライムビデオが9月下旬からサービス開始

Amazonでは、9月下旬から「プライムビデオ」というサービスが始まるそうです。 AmazonのWebページには、このように紹介されています。 選りすぐりの日本やアメリカの映画、TV番組、アニメなど、あらゆるジャンルの作品が勢ぞろい 日本向けの新しい作品、アワ…

「左が過去 → 右が未来」の方向が自然

はてなブログでは、記事を読む際のページをめくる動作は、過去方向のボタンが右側に、未来方向のボタンが左側に配置されています。例えば、このブログの9月1日のエントリーをスマートフォン版でみると、下記のようになります。 私としては、時間の流れは「左…

傘の持ち歩きについての戦略を変えてみた。

夏だというのに、最近まるで梅雨のように雨ばかり降っています。これは、秋雨前線が原因のようです。 ところで、みなさんは傘の持ち歩きについて、どうされているのでしょうか。 当たり前すぎて誰とも話したことはありませんが、朝出かけるときに雨が降って…

コイケヤ「ポテトチップス 極旨のり塩」

コンビニで、また発見してしまいました。コイケヤの「のり塩」。 見つけたからには、本ブログの趣旨とは関係ないとは思いながら、ネタ切れ解消にもなるので、投稿させていただきます。 パッケージに書かれた宣伝文句はこれです。 こだわりの国産旨味素材を加…

夏目漱石『こころ』を読んで違和感があったところ

夏休みのマイ課題図書としていた夏目漱石の代表作『こころ』を読みました。 こころ (集英社文庫) 作者: 夏目漱石 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 1991/02/25 メディア: 文庫 購入: 7人 クリック: 180回 この商品を含むブログ (125件) を見る 高校の国語の…

ホテルの大浴場のシャンプーが少し気になった。

夏休み最後の週末は、ちょっとした一泊の家族旅行に行きました。 ホテルの大浴場には通常、プッシュ容器に入ったシャンプー、リンス、ボディシャンプーの3点セットが置いてあります。今回泊まったホテルもそうでした。 想像するに、ホテルの場合、中身を切ら…

セブンイレブンの折りたたみ傘

この前、急に土砂降りの雨にあい、傘を買おうと思って、たまたま近くにあったセブンイレブンに入りました。そのときふと、「セブンイレブンの折りたたみ傘がいい」というどこかで読んだ噂を思い出し、ちょうどよかったと思って買いました。(下の写真) 確か…

ちばあきお『キャプテン』第1巻を読みました。

家に全巻セットがあるので、ずいぶん昔に読んでいた少年野球マンガの『キャプテン』を読み始めました。とりあえずいま、1巻を読み終えたところです。 『ドカベン』の岩鬼や殿馬のような異才・鬼才が登場するわけでも、『タッチ』の朝倉南のようなかわいい女…

実は方向オンチだったと気づいてしまった。

8/26-27は、何年かぶりの東京出張でした。 出張先が初めて訪問する場所のときは、JRや地下鉄など交通機関の乗り換えルート、最寄駅からのアクセスルートを調べます。これは誰もが当然やりますし、そんなに難しいことではありません。 しかし、私にとって一番…

セミが空から降ってきた。

朝、家を出てバス停に急いでいたとき、目の前に空からセミが落ちてきました。地面の上にひっくり返った状態になりましたが、気になりつつ、そのまま通り過ぎました。 死んでいるセミを見かけることは珍しくありませんが、空から落ちてくるセミと遭遇したのは…

空き家は台風がこわい

8月25日は、台風15号が九州を縦断しました。 私の実家は現在空き家になっていますので、台風が来るたびに心配になります。 心配になるというのは、被害を受けていないかということではなく、隣近所に何か迷惑をかけていないかどうかということです。台風が去…

夏目漱石『こころ』を読んでいます。

この夏に読もうと思い立った夏目漱石の『こころ』を読んでいます。 こころ 作者: 夏目漱石 発売日: 2012/09/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (14件) を見る 有名な作品でもあり、高校のとき国語の教科書にも載っていたので、全編をいつか読もう…

読売新聞の書評コーナーから選んだ『書生の処世』ほか一冊

三週間ぶりに、読売新聞の書評コーナーからの紹介です。 萩原魚雷『書生の処世』(評:ノンフィクションライター 渡辺一史) 書生の処世 作者: 荻原魚雷 出版社/メーカー: 本の雑誌社 発売日: 2015/06/23 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブ…

運転免許証番号に関するちょっとした話

私が車の運転免許を取ったのは、1985年8月22日ですので、ちょうど30年になります。残念ながら無事故無違反ではなく、この30年間で一事故無違反です。 ところで、しょうもない話ですが、私は12桁の免許証番号を覚えています。番号を使う機会はなく無意味なの…

読書は、初読と再読を交互に行うことにします。

積ん読が山ほどありますし、書評記事等をみて日々読みたい本が増殖していきますので、読んでいる本は基本的に初読です。(まあ普通そうですね) しかし一方、本の内容を自分のものにするためには、何度も読んで血肉化していく必要があります。過去にもそうい…

急成長する読書市場(「Chikirinの日記」より)

社会派ブロガーちきりんさんの「急成長する読書市場」というブログ記事を読みました。 急成長する読書市場 出版不況と言われているのに、どういうことなのでしょう? なかなか勉強になります。 ということで、今日は短くこのへんで。 ではまた… 自分のアタマ…

小島寛之『確率を攻略する』

ギャンブルから生まれた確率の理論は、現在も進歩し続けているようですが、「学校では習ったけど、なんだかよく分からない」という印象の人が大多数なのではないでしょうか。 確率を攻略する ギャンブルから未来を決める最新理論まで (ブルーバックス) 作者:…

歯を磨くとき吐きたくなる方は「せっけんハミガキ」をお試しください。

ハミガキをするとき、気持ち悪くなって歯磨き粉を吐き出したくなる方はいませんか? 以前私もそうでした。 どの歯磨き粉に替えても吐きたくなるのは同じでしたが、シャボン玉石けんの「せっけんはみがき」を使ってみたところ、吐き気がまったくなくなりまし…

ビール業界進出 壮絶なドラマ『佐治敬三と開高健 最強のふたり』

前回、戦後20年の復興と経済成長の話を書きましたが、そのエントリーを書くきっかけとなったのは、脳科学者・池谷裕二さんの新聞記事でした。その記事は、実は表題の本の書評でしたので、今回はその本の紹介です。 ウィスキー販売が軌道に乗ったばかりのサン…

20年という時間感覚の時代ギャップに驚き

8/16の新聞に脳科学者の池谷裕二さんが書いていた記事をみて、今まで思いもよらなかったことに気づきました。 私は終戦25年後に生まれた。意外なことに今の若者からみると「わずか終戦25年後」、どうやらわたしの年齢は「陰暗たる昭和の戦後生まれ」と錯覚す…

日本で一番売れた本『窓ぎわのトットちゃん』

8月15日の「世界一受けたい授業」を観ました。 先生として黒柳徹子さんが登壇されたのですが、あのベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』は日本で一番売れた本だとは知りませんでした。 『窓ぎわのトットちゃん』は、黒柳さんが通学していたトモエ学園を舞台…

百田尚樹『永遠の0』をもう一度読みたいけど・・・again

お盆など、生活の節目や大きなイベントのときは、1年前にブログに何を書いたか気になります。 昨年の8月14日には、百田尚樹のベストセラーになった長編小説『永遠の0』のことを記事にしていました。 百田尚樹『永遠の0』をもう一度読みたいけど・・・ - 読…

人間の記憶は相当いいかげん。

フランツ・カフカの小説『変身』を読みました。 変身 (新潮文庫) 作者: フランツ・カフカ,Franz Kafka,高橋義孝 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1952/07/28 メディア: 文庫 購入: 18人 クリック: 359回 この商品を含むブログ (362件) を見る 書評や感想は…

山崎豊子『沈まぬ太陽』 を読むべき理由

1985年8月12日に起きた日航機墜落事故からちょうど30年になります。 この事故をモデルにした山崎豊子の長編小説『沈まぬ太陽』をおすすめする書評に最近いくつか出合ったので、読んでみたくなりました。 沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫) 作者: 山…

日経トレンディ2015年9月号「常識が変わる 日用品&文房具 136」

昨年に続き、日用品と文房具を特集した日経トレンディをコンビニで見かけたので買いました。 日経TRENDY(トレンディ)2015年9月号[雑誌] 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2015/08/04 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 従来の常識を…

夏休みのマイ課題図書、『こころ』と『ガリバー旅行記』

8月3日に、あがわひろゆきさんが94歳で亡くなりました。なぜ平仮名で書いたかというと、小学校の教科書に載っていた『きかんしゃ やえもん』の作者としてしか知らないからです。 学校の教科書にちなんで、中学・高校の国語の教科書にどんな小説が載っていた…

読書委員の方が薦める毎年恒例の「夏休みの一冊」

今週の「本よみうり堂」は、読書委員の方が薦める毎年恒例の「夏休みの一冊」で、今年のテーマは「夏が来れば思い出す」。 21人の読書委員のそれぞれが、夏の記憶をよみがえらせる一冊を選ばれています。その21冊の中から、自分が読みたい本を3冊ピックアッ…

ファーストフード店での「もえるゴミ」と「プラスチックゴミ」の分別に意味はあるのか?

とあるファーストフード店で目撃した話です。 店員さんが、大きなゴミ袋の中に、分別された「もえるゴミ」と「プラスチックゴミ」をまとめて放り込んでいました。 ドリンクのふたやストローは「プラスチック」の方へ、紙コップやナプキンは「燃えるゴミ」の…

後藤武士『読むだけですっきりわかる日本史』

高校時代に日本史・世界史を選択せず地理を勉強したので、歴史に関してはかなりコンプレックスがあります。 ということで、長い間積ん読にしていた『読むだけですっきりわかる日本史』を読みました。 読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫) 作者: 後…

ちばあきお『キャプテン』を押入れの中で発見

いつのことか忘れましたが、そのむかし読んだ野球マンガの『キャプテン』。 自分のではありませんが、全15巻セットが押入れの奥に保管されていることを発見しました。 あまりマンガを読まないわたしが言うのも説得力がありませんけど、『キャプテン』は超名…

倉島保美『論理が伝わる世界標準の「議論の技術」』

ブルーバックスの『論理が伝わる世界標準の「議論の技術」』を読みました。 日本人は議論が苦手と言われますが、下手なのではなく、単に「議論の技術」を知らないだけなので、「議論の技術」を知りさえすれば、わずかな時間で議論上手になれるそうです。 論…

スポーツ選手におすすめの「好記録のためのクラシック音楽」

音楽聴き放題サービス「Apple Music」(3か月間無料)では、アプリのメニューに「For You」があります。これは、アップル側が好みの音楽を判断して、おすすめの曲やプレイリストを提示してくれるものです。 私の「For You」のなかに、「好記録のためのクラシ…

レジ袋はまとめて買っても1枚5円

スーパーのレジ袋は、最近どこに行っても有料(3〜5円)になってしまいました。エコの面、コストの面からも、マイバッグで買い物する人も確実に増えているようです。 しかしこのレジ袋は、自宅のゴミ入れ用に活用しているので、少しはないと困ります。 この…

読売新聞の書評コーナーから選んだ『本を読むときに何が起きているのか』

読書に関する本の書評がありましたので、紹介しないといけないでしょう。 ピーター・メンデルサンド『本を読むときに何が起きているのか』(評:東京大教授・生物心理学者 岡ノ谷一夫) 本を読むときに何が起きているのか ことばとビジュアルの間、目と頭の…

最近出合ったスマートなカフェ店員さん

カフェやコンビニなど、いろんな場所でコーヒーが飲める(買える)ようになりました。 photo by rudolf_schuba コーヒー(ホットに限りますが)が好きなので、ときどき利用しますが、いろんな店員さんの対応があって勉強になります。たまたま最近、スマート…

詰替用シャンプーには、雑菌がウヨウヨ?

シャンプーやリンスは、毎回容器ごと買い替えるのではなく、詰め替え用を補充している方が多いと思います。 同じ製品であれば通常は問題ありませんから、中身が減ってきたら、そのまま継ぎ足したりしていないでしょうか? もしそうしていたら、容器の中には…

江口克彦『部下の哲学』

本棚の奥にあった『部下の哲学』という単行本を発見しました。奥付をみると、1999年2月出版、2000年5月第5刷になっていますので、タイミングとしては東京で単身赴任していた頃に読んだものと思われます。 部下の哲学―成功するビジネスマン20の要諦 (PHP文庫)…

Windows 10 は、製品ではなくサービスである。

プライベートでは Macしか購入したことのない私ですが、7/29にリリースされた今回の「Windows10」は仕事用として気になります。 1年間は無料だとか、スタートボタンが帰ってくるとか、新ブラウザ「Edge」が搭載されるとか、いろんな話題がありますが、いちば…

鎌田實『◯に近い△を生きる』

日本では長らく、「がんばれば幸せになれる」が唯一の「正解」でした。 がんばるという「正解」が日本人は好きですが、がんばらないという「別解」もあります。がんばらないというのは、がんばることを否定しているわけではなく、がんばったり、がんばらなか…

庄野潤三の短編小説『静物』

村上春樹のエッセイ『若い読者のための短編小説案内』で解説されている短編の一つ、庄野潤三の『静物』を読みました。(新潮文庫『プールサイド小景・静物』に収録) プールサイド小景・静物 (新潮文庫) 作者: 庄野潤三 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 196…

サントリー クラフトセレクト「メルツェン」

今日の日曜日は、「本よみうり堂」から紹介したい本がありませんので、昨日に続いてビールの話題です。 金曜日に買っていたサントリーのクラフトセレクトシリーズ第2弾「メルツェン」を飲んでみました。 昨日の「スペシャル・ビター」とは一転して、苦さはほ…

サントリー クラフトセレクト「スペシャル・ビター」

今日は、猛暑の一日でした。暑い夏はやはりビールです。ということで、久しぶりに今日はゆるくビールの話題。 以前も紹介したサントリーの「クラフトセレクト」というシリーズの第1弾「ペールエール」、「ブラウンエール」に続く第2弾「スペシャル・ビター」…

子どもたちへの一番大切な贈りもの『センス・オブ・ワンダー』

生物学者の福岡伸一が著書『福岡ハカセの本棚』の中で薦めていた『センス・オブ・ワンダー』(レイチェル・カーソン著)を読みました。 「センス・オブ・ワンダー」とは、著者が世界中の子どもに授けたいと思っている、生涯消えることのない「神秘さや不思議…

月刊サイゾー2015年8月号『タブーな本』

面白そうな本を探すために、ときどきブックガイドの本や雑誌を入手します。 本屋さんで、月刊サイゾーの最新号が1年前と似たような『タブーな本』という特集なのを発見したので、手に取ってみました。(昨年の9月号は『ヤバい本」という特集でした) サイゾ…

田舎の家のたたみ方

7月22日付の読売新聞に、「空き家対策 本格化」という記事がありました。 九州7県の空き家数は約89万戸もあるらしいのですが、うちの実家もそのうちの1戸です。 親が住んでいた頃はよかったのですが、ご近所さんに迷惑がかかってはいけないので、空き家にな…