読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

igawa's Blog

おもに読書と本に関するブログですが、Mac/iPhone、数学、音楽の話題など例外の方が多いかもしれません。

「よみうり堂」の書評から選んだ『絶対に行けない世界の非公開区域99』ほか1冊

久しぶりに、「よみうり堂」の書評からです。

 

マシュー・ハーレー他『ヒトはなぜ笑うのか』(評:国際政治学者・同志社大学長 村田晃嗣) 

ヒトはなぜ笑うのか

ヒトはなぜ笑うのか

  • 作者: マシュー・M.ハーレー,Jr.,レジナルド・B.アダムズ,ダニエル・C.デネット,Matthew M. Hurley,Jr.,Reginald B. Adams,Daniel C. Dennett,片岡宏仁
  • 出版社/メーカー: 勁草書房
  • 発売日: 2015/02/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (4件) を見る

人にとってのユーモアは、細胞に必要な砂糖を摂取するために人が甘さに敏感なのと同じなんだそうです。このような自然科学のアプローチで、文学や哲学に斬り込んでいくらしい。面白そう。

本書は認知科学と進化心理学、哲学を総動員したユーモア研究であり、脳や心の内側を射程に収めている。そして、その成功の秘訣は優れた問いかけにある。つまり、ユーモアとは何かを超えて、なぜユーモアが必要なのか問うているのである。

 

ダニエル・スミス『絶対に行けない世界の非公開区域99』(評:作家 宮部みゆき) 

絶対に行けない世界の非公開区域99 ガザの地下トンネルから女王の寝室まで

絶対に行けない世界の非公開区域99 ガザの地下トンネルから女王の寝室まで

  • 作者: ダニエル・スミス,ナショナルジオグラフィック,小野智子,片山美佳子
  • 出版社/メーカー: 日経ナショナルジオグラフィック社
  • 発売日: 2014/12/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (2件) を見る

この本は興味をそそられます。アメリカ大統領執務室のような有名な所から、太平洋巨大ゴミベルトのようなタブーな場所、グアンタナモ湾収容所のような国際問題の暗部まで、多種多様な99か所の非公開区域が掲載されているとのこと。

コカ・コーラのレシピ保管庫なんて、都市伝説みたいでビックリだ。写真ではなくイラストのページもあるが、あのナショナルジオグラフィックでさえ撮影できない場所なのかと思えば、いっそうスリリング。 神聖で神秘なスポットとして伊勢神宮が選ばれているのが、ちょっと嬉しい。

 

ではまた…