igawa's Blog

おもに読書と本に関するブログですが、Mac/iPhone、数学、音楽の話題など例外の方が多いかもしれません。

iPhone6がやってきました。

SoftBankからの案内のとおり、本日(9/23)午前中にiPhone6が届きました。

iPhone5からのアプリ・データの移行、電話番号の切替、いずれも問題なくスムーズに終わりました。

iOSの違い(7→8)はそれほど感じませんが、ハードウェアの違いはよく分かります。iPhone6に替えてすぐに感じた変化は3つです。

  • 画面が大きい
  • 文字がくっきり
  • 外側の丸みが気持ちいい

画面が大きい

当たり前ですが、画面が大きくなりました。iPhone6 Plus ではありませんので、5.5インチではなく、4.7インチです。それでも大きく感じます。

ブラウザの表示や動画の再生では、やはり画面が大きいことは、これまでのiPhoneにはない大きなメリットだと思います。

 

文字がくっきり

白地の背景に黒文字だけのアプリを見て思ったのですが、iPhone5に比べてiPhone6は、文字がよりくっきりしていて画面が見やすくなっているように感じました。

簡単に言うと、白と黒のコントラストがはっきりしています。

 

外側の丸みが気持ちいい

おそらくカバーを買うと思いますので、カバーを装着したら感じなくなるかもしれませんが、iPhone4、iPhone5の時代のシャープなエッジから打って変わって、iPhone6は外側が丸みを帯びました。このため、本体の薄さがいっそう際立つとともに、持った感じが気持ちよくて、iPhone5を触る気がなくなるぐらいです。

 

最後に

iPhone5iPhone5S)と、iPhone6 及び iPhone6 Plus の画面の縦横比は同じなので、ほとんどのアプリは、今のところ、そのまま拡大して表示されます。老眼が進みつつある私としては、大きく表示されることはいいことなので、その意味では、あえてiOS8対応がなされなくても問題ないと思っています。

下記写真は、わが家のiOS機器勢揃いです。(右下がiPhone6)

 

f:id:igawajp:20140923145916j:plain

 

関連エントリー