読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

igawa's Blog

おもに読書と本に関するブログですが、Mac/iPhone、数学、音楽の話題など例外の方が多いかもしれません。

「よみうり堂」の書評から選んだ『超明快!国語辞典』

今週は一冊だけです。

 

今野真二『超明快!国語辞典』(評:ライフネット生命会長兼CEO 出口治明) 

超明解! 国語辞典 (文春新書)

超明解! 国語辞典 (文春新書)

紙の国語辞典は所有していませんが、言葉を調べるときは、iPhoneアプリの「大辞林」と「新明解国語辞典」を使っています。この二つの国語辞典は、同じ言葉を説明するのにずいぶん異なるので、必ず両方の辞典を調べるくせがついてしまいました。そういう私にとって、本書は七つの小型国語辞典を辞書探偵(著者)がとことん調査したものということで、ものすごく面白そうです。 

一見無味乾燥とも思われる辞書の比較が、これほど楽しく面白い読み物に化けるとは!著者の力量に脱帽した。

「何が載っていて何が載っていないのか」、著者は「熱帯」から「粘る」までの間の対照表を作る。全部で84の見出し項目の中で7辞典共通が27、逆に1辞典しか取り上げていない言葉が18、因みに最大で67を収録、最小は34である。(中略)仔細に対照表を眺めていくと、ジワっと面白さが滲み出てくる。辞書は、結構いい加減なところもあるものなのだ。

 

ではまた…