igawa's Blog

おもに読書と本に関するブログですが、Mac/iPhone、数学、音楽の話題など例外の方が多いかもしれません。

夏目漱石『こころ』を読んでいます。

 この夏に読もうと思い立った夏目漱石の『こころ』を読んでいます。 

こころ

こころ

有名な作品でもあり、高校のとき国語の教科書にも載っていたので、全編をいつか読もうと思っていました。

教科書では後半のクライマックス部分だけが切り取られていましたので、メインの登場人物は、先生、奥さん、K、かと誤解しておりましたが、物語の語り手としての主人公(私)が存在したんですね。


小説全体の構造は、

  • 上「先生と私」
  • 中「両親と私」
  • 下「先生と遺書」

という三部構成になっていて、「上・中」は形式的な主人公「私」の視点から、「下」は真の主人公「先生」の視点で書かれています(遺書なので当然ですが)。

 

いま「下」を読み始めたところです。
この時点でいろいろ書きたいことがあるのですが、一応最後まで読んでからにします。

 

ではまた…

 

(関連エントリー)