igawa's Blog

おもに読書と本に関するブログですが、Mac/iPhone、数学、音楽の話題など例外の方が多いかもしれません。

6/2に発表されたアップルの最新OS「Yosemite」と「iOS8」の気になる機能

アップルの開発者向けカンファレンス(WWDC 2014)で、Mac向け「OS X Yosemite」と、iPhoneiPad向け「iOS 8」が発表されました。

f:id:igawajp:20140604013513p:plain

OS Xの新バージョン「Yosemite」

OS Xの新バージョン「Yosemite」では、フラットデザインの採用や、これまでより透明度の高い“トランスルーセント”なタイトルバーのデザイン、検索機能「Spotlight」の強化などを行う。iOSデバイスとも共用できるクラウドストレージの「iCloud Drive」、「メール」アプリの機能強化、検索機能と一体化し、SNSなどでの共有なども容易になったWebブラウザ「Safari」なども披露された。
さらに、OS X Yosemiteでは、iOSとの連携が強化されており、ファイルの送受信機能「Air Drop」がiOSMac OS間で利用できるようになる。またMac上での作業をiPadiPhoneで引き継げる、あるいは逆にiPhone上で行っていた作業をMacで送れる「Continuity」、MacからiPhoneで電話をかけ、スピーカーフォンで通話する機能などが提供されるという。

「Yosemite」で個人的に嬉しいのは、クラウドストレージ「iCloud Drive」。

アップルのクラウドサービスiCloudは、Dropboxのようにファイルストレージとして使えませんでしたが、新OSで提供される「iCloud Drive」を利用すればファインダーから簡単にアクセスできるようになります。これでようやく、クラウド上のストレージがアップルの標準機能で使えるようになります。5GBまでは無料です。

 

f:id:igawajp:20140604013618p:plain

iOSの新バージョン「iOS 8」

iOSの新バージョン、iOS 8では、通知センターの機能強化を始めとする数々の機能強化が盛り込まれる。日本語を含む複数の言語で予測変換を導入し、入力を省力化するほか、音声や動画も扱えるグループメッセージ機能、ヘルスケア系アプリのデータを集中管理する「HealthKit」、App Storeアカウントの家族間での共用など、注目の機能が目白押しだ。エンタープライズ向けの機能なども提供される。

iOS 8」で個人的に面白そうなのが、健康管理アプリ「Health」。

心拍数、消費カロリー、血糖値など、健康・フィットネスデータを統合管理するアプリ。最新データをダッシュボードで簡単に閲覧することができたり、緊急時にロックスクリーンから血液型・アレルギー・常用薬など重要な医療情報にアクセスすることができます。

 

f:id:igawajp:20140604013652p:plain