NHK Eテレ「らららクラシック」 〜なぜ「家路」のメロディには郷愁を感じるのか?〜

「家路」とは、閉店や下校の音楽としても名高いあの「遠き山に日は落ちて〜」という歌詞で有名な曲なので、皆さんご存知だと思います。 正確には、ドヴォルザーク作曲交響曲第9番ホ短調「新世界から」第2楽章のことです。 このメロディには、確かにノスタルジーというか望郷の思いのようなものを感じます。 photo by Simpl…